0120929240からの不審な着信(不在着信)はグリーンシップ!世論調査が目的だった!
スポンサーリンク

0120929240』「0120-929-240で見覚えのない電話番号から着信(不在着信)があれば、株式会社グリーン・シップという事業者からの自動音声ガイダンスによる内閣支持率に対する世論調査アンケートが目的の電話ですので、特に気にすることなく無視していただいて大丈夫です👌

 

どうやら「080」や「090」に8桁の数字(0~9)を組み合わせて作成した番号に無作為(ランダム)にかけているようです。

 

調査対象は着信時に電話にでた方のみとなりますので、折り返しの電話を入れる必要はありません👍

 

必要であれば、着信拒否設定などの対応をしておきましょう👆

 

今後のことも踏まえて、ネット検索するよりも下記の方法なら調べついでに簡単に着信拒否設定が出来てブロックリストまで作ってしまえるので、ぜひ試してみてください。

 

とても便利ですよ👇

👉 知らない番号の検索ついでに、簡単に賢く着信拒否設定する方法 👈

 

 

まっさん
皆さんは登録していない番号からの着信時や知らない番号からの不在着信履歴が残っている時に、ネットで今回のように検索することなく、その時点で相手先が判れば楽なのにな🤔って思うことはありませんか👀
そんな方々のために、

お役立ちメモ

今後の対策として、知らない番号からの着信時や不在着信履歴に事前に相手先を教えてくれる、無料で使える便利アプリがあるのをご存じですか?
これを機会にぜひダウンロードして起動させておくと凄く役に立ちますよ👌
相手先を事前に表示してくれるだけでなく、迷惑電話や詐欺電話として認定されている番号には、その旨も表示してくれますので、出るべき電話・かけ直すべき電話の判断が瞬時にでき、ネットで調べる必要もなくなって、めちゃくちゃ便利ですよ(^^)
こちらからどうぞ
無料ダウンロード
全世界で9,000万ダウンロードを突破し、日本テレビ系列「世界一受けたい授業」や多数のメディアでも紹介されていて、16億件以上の豊富な番号データから日本で唯一海外からの詐欺電話なども識別してくれる、元グーグルCEOのエリックシュミット氏も推奨する非常に優秀な便利アプリですので安心です!
下の画像は実際に自身のスマホに掛かってきた着信時の画面と宅配業者からの着発信履歴のスクリーンショットです。 もちろん不動産投資会社からの着信には出ていません(笑)

突然、見知らぬ番号がら電話がかかってきたり着信履歴があると何かドキッとしてしまいませんか?

 

そんな時は、焦らず騒がず今回のようにネットで検索してみて下さい。

 

そうすれば何らかの情報が出てくるはずです👍

 

タイミングが早く未だネットにも情報が流れていない場合にも、しばらく待っていればたいていの場合は徐々に情報が流れてきますので、気長に待っていただければと思います(^^)

 

その点、迷惑電話・SMS対策アプリを入れておけば毎回検索する必要もなくなりますし、宅配便などの必要な電話にもどこからなのか迷う必要もなくなりますので、普段からとても役立っております🙆‍♂️
無料アプリはこちら
無料ダウンロード

まっさん
そこで今回は、【0120929240】からの電話の正体について、実際に着信のあった方々の口コミなどを参考に検証してみました。

グリーン・シップの調査について

グリーン・シップは以下のことに基づき、政府からの依頼などとは関係なく独自の世論調査に取り組んでいるとのことです👇

Q.何のために調査をしているのですか?

A.政治に関する世論を定点観測をして、世論の意向を集計・分析した結果をホームページ等で公開するためです。

Q.自分の電話番号をどのように入手したのですか?

A.「070」「080」「090」に8桁の数字(0~9)を組み合わせて作成した番号(携帯RDD)におかけしております。

Q.いきなり電話をかけるのはどうしてですか?

A.世論調査は、一億人の有権者のわずか数千人を調べただけで、国民全体の動向を推測します。
それには、対象者を場当たり的に集めるのではなく、社会の誰もが等しい確率で調査の対象者に選ばれる無作為抽出法(ランダムサンプリング)と呼ばれる手法を用いるため、無作為(ランダム)で電話をかけています。

参考:世論調査の定義と条件
松本正生(株式会社社会調査研究センター 代表取締役)

世論調査は、その結果をもって国民全体の動向を推測するために実施される。それには、調査の対象者が社会全体のミニチュア (縮図 )となる必要がある。対象者を場当たり的に集めるのではなく、一定の科学的な手続きにしたがって抽出するからこそ、一億人の有権者中のわずか数千人を調べただけで、全体の傾向を把握することが可能となる。一定の手続きとは、すなわち、社会の誰もが等しい確率で調査の対象者に選ばれることを意味し、無作為抽出法(ランダムサンプリング)と呼ばれている。
世論調査とは、「民意の動向を捉えるための、社会調査の方法 に依拠した科学的手法による調査」と定義することができよう。

Q.回答した電話番号はどうしているのですか?

A.調査後、電話番号を削除したデータのみを集計しておりますので、個人情報は収集しておりません。
プライバシーポリシーはこちら

Q.どこから依頼されてやっているのですか?

A.弊社が自主的に行っている調査です。

Q.郵便番号を聞くのはどうしてですか?

A.調査結果を地域別に集計する際に必要なためお聞きしております。

Q.二度とかかってこないようにするにはどうしたらいいのですか?

A.画面上部のリンクをクリックしていただくか、こちらをクリックし、説明の通りにご入力ください。

グリーン・シップという会社は本当に大丈夫なのか?

調べていくと、今回の着信のあった電話番号は【0120929240】ですが、過去を遡ると色々と番号を変えては同じような調査業務をされているようです👆

 

現在はこちらの番号以外にも別の電話番号で同じ世論調査アンケートの電話をかけているようですので、ご参考までに👇

 

参考までに過去に利用されていた電話番号をあげておきますね👇

現在までに利用されていた電話番号の経緯
0120-094-428 (現在)
0120-094-429 (現在)
0120-094-397 (現在)
0120-094-291 (現在)
0120-094-363 (現在)
0120-427-425 (現在)
0120-427-422 (現在)
0120-427-357 (現在)
0120-427-368 (現在)
0120-427-362(現在)
0120-427-417(現在)
0120-427-423(現在)
0120-427-416(現在)
0120-427-426(現在)
0120-427-406(現在)
0120-427-431(現在)
0120-427-407(現在)
0120-427-409(現在)
0120-927-362 (現在)
0120-993-115 (2021年01月01日〜現在)
0120-659-437 (2021年01月01日〜現在)
0120-926-076 (2020年09月01日〜2020年12月31日)
0120-923-905 (2020年06月11日〜2020年08月31日)
0120-922-299 (2020年03月01日〜2020年06月10日)
0120-559-128 (2019年12月11日〜2020年02月29日)
0120-560-635 (2019年09月02日〜2019年12月09日)
0120-552-597 (2019年07月ごろ〜2019年09月01日)
今回のような不特定多数の方に電話をし続けるようなやり方では、世間一般的には迷惑がられるのは当たり前だと思われ、ブロックされるのは容易に検討がつくことから、定期的に電話番号を変えていかないと仕事にならないのでしょう。
本当にまっとうな調査としてアンケートを取りたいなら、もう少し手法を変えていかないと会社のイメージダウンになるので、是正していただくことを願いたいものです。
👇きちんとしたホームページもあるようですので、ご参考までに👇

知らない電話番号からの着信があった場合の対処法

私もそうなのですが、自宅の固定電話や携帯電話に登録していない番号からの着信は基本的にはすぐに出ないようにしています。

 

本当に重要な内容や大切な電話なら留守番電話に入れてくれる可能性が高く、もし留守番電話機能がなかった場合でも急ぎの用事ならその日のうちに何度もかけてくるはずです。

 

留守番電話に伝言がない場合には、まずネットで番号を入力して検索すると大概の番号については迷惑な電話であれば何らかの情報がヒットするはずですので、ぜひ一度はネット検索してみて下さい👆

 

その上で、情報が全く出てこなかった場合は、一回きりの電話なら私はそのままスルーしておきます。

 

電話がかかってきた時には、むやみやたらと何でもでるのではなく、知らない番号からの電話は基本的にはほとんどが今回のような営業や勧誘などの場合がほとんどですので、何度もかかってきた時以外は無視するのが一番賢明だと思いますので、ご参考にしていただければ幸いです。

 

そんな手間を省くためにも、今回ご紹介した迷惑電話対策アプリを無料ダウンロードして起動させておきましょう👍

関連記事

[getpost id="1582"]

 

最後まで読んでいただきありがとうございました<(_ _)>

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事